シミを取る美白治療

シミは予防が大事

カップを持つ女性

美容系の医療機関では、出来てしまったシミを治療できます。シミを消す美白クリームや美白系のコスメなどは沢山売られていますが、市販されているものはあくまでもシミを「予防」するもので、出来てしまったシミを消すのは困難です。しかし、医療機関に行けば、シミをレーザーなどを使って本格的に根本からなくすことができます。 しかし、だからといって「シミが出来たらレーザーで消せばいい」と油断して紫外線対策をしなかったり、スキンケアを怠ったりすると、シミだけではなく、たるみ、シワ、くすみなどが起こるので注意が必要です。医療機関でするシミ取りはあくまでも最終手段です。自分自身で普段からしっかり美白ケアをすることが大切です。

レーザーと軟膏で美白

レーザー治療器はピンポイントでシミを消すのに有効です。シミにレーザーを照射して火傷を負わせ、皮膚が治癒していく過程でシミがかさぶたとなって剥がれてなくなります。 シミに効果がある外用薬としてトレチノインもよく皮膚科で処方されます。トレチノイン軟膏は、ニキビ跡、火傷、シミ、手術痕などの色素沈着を消すことができる美白クリームです。トレチノインは角質を剥がすピーリング効果、皮脂分泌の働きを抑える効果、コラーゲンやヒアルロン酸を増やす効果などがあります。 トレチノイン軟膏は一般皮膚科や美容皮膚科などで取り扱っています。また、美白だけではなく、シワや毛穴のたるみを改善する効果もあるので、若返りクリームとしても有効です。