美容皮膚科の美白治療

美白治療の歴史や変遷

鏡で顔を見る

美容皮膚科では1970年代から美白治療が行われていましたが、1990年代頃から、医療レーザーを使った美白治療が行われるようになりました。レーザー治療を行う医療機器は進化し、2000年代になるとフォトフェイシャルによる美白治療が開始されました。 フォトフェイシャルは、従来のレーザーとは光の波長が異なり、広域波長の光線を照射することができます。いろいろな波長の光線を照射することにより、肝斑を解消することも可能になりました。 2000年代の後半になると、フォトフェイシャルはさらに進化し、痛みを和らげるための冷却装置が搭載されるようになりました。光を照射すると冷却装置が自動的に作動し、照射時の痛みを感じにくくすることに成功しました。

フォトフェイシャルの今後

美容皮膚科の美白治療は、フォトフェイシャルが主流になっています。フォトフェイシャルは光を肌に照射するだけで、シミや黒ずみなどを解消することができます。 フォトフェイシャルは美白の効果だけでなく、肌に弾力性を取り戻す効果もあります。美白と美肌の両方の効果が得られるため、フォトフェイシャルの人気は高まっています。 フォトフェイシャルは医療行為に該当するため、医師でなければ使用することはできません。エステサロンではフォトフェイシャルによる美白治療は行われておらず、美容皮膚科や美容整形外科で治療を受けることが必要になります。 フォトフェイシャルは、医師による専門的な美白治療が可能ですので、今後もますます人気が高まると予測されます。